3Sフォト診断


事前にお送りいただいた職場のレイアウト図、職場のデジカメ撮影画像などをもとに、3Sチェックを行います。地理上の制約などで「3S現場診断」を実施しにくい環境にある企業様には、こちらの「3Sフォト診断」をオススメしています。


必要となる資料


職場のデジカメ撮影画像(必須) - 職場内の各スペースをデジカメで撮影していただきます。人の出入りが多いエリアだけでなく、トイレ・キッチン・社長室・開かずの間(?)などもぜひ撮影しま しょう。各スペースの全体像がわかる画像だけでなく、共有用の収納スペースの中身などの詳しい画像もぜひ撮影しましょう。1枚でも多く撮影すれば撮影する ほど、3S診断のクオリティが高まります。

 

職場のレイアウト図(任意) - 必須ではありませんが、職場の位置的な全体像を把握することで3S診断のクオリティを高めることにつながります。



お客様との連絡手段

 

・お客様との連絡手段は電子メールを用います。必要に応じてFAX回線を併用する場合があります。

 

・診断に必要となる資料(デジカメ撮影画像など)の格納先は、お客様ご所有のオンラインストレージか弊社ご指定のオンラインストレージのいずれかを用います。

 

・診断結果は電子メール経由にてお伝え致します。



ご興味のある方は…

まずは『経営者・現場トップのための3S活動「再」入門ハンドブック』をご請求いただきます。こちらのハンドブックをお読みいただくことで、「3S活動」に関する私たちの考え方について事前に理解を深めることができます。「3Sフォト診断」の詳しいご案内も一緒にお送り致しますので、ご一読いただいた上で「3Sフォト診断」へのお申し込みをお願い致します。

 

[ ハンドブックのご請求はこちら ]

正式なお申し込みは…

正式なお申込みは、『経営者・現場トップのための3S活動「再」入門ハンドブック』をご請求いただいた組織様のみに限定しております。

 

[ 「3Sフォト診断」のお申込みはこちら ]